実は必要ない!?食の仕事と資格について

こんにちは!梅原けいです。

私はOL時代、とにかく何かスキル身につけなきゃ!と思って、色々と食の資格をとりました。(今思うと、あまり必要ないものもありましたが…笑)

大学卒業と同時に栄養士の資格は取りましたが、あとは全部、民間の資格です。

資格といっても1日講習を受けるだけで取れるものあり、ハードルは低めのモノも多いです。

そして、食の仕事していくにあたって必ず資格が必要か?というと、そうではなくて、例えばフードコーディネーターや料理研究家は、資格がなくても肩書きとして名乗ることができます。

ですが、もちろん、どんな仕事も資格が一切いらないわけではありません。今回は食の資格について比較しながらご紹介したいと思います。

 

資格には3種類ある!

国家資格

国が認めた資格のことです。公的資格や民間資格と比べると、資格取得までに試験を受けたり講習をうけたりと難易度が高い分、信頼度も高いです。

食の資格で代表的なのは、管理栄養士、栄養士、調理師などです。

他の業種だと医師、薬剤師、弁護士などでしょうか。これらの資格は国から認定されないと名乗れないので、もちろん勝手に肩書きを名乗るのはNGです。

公的資格

国家資格が国からの認定なのに対して、公的資格は民間団体や公益法人が実施し、文字科学省などの官庁や大臣が認定する資格です。 つまり民間の資格ではあるけど「省庁のお墨付き」がある資格です。

食の分野では、飲食店開業で必ず必要な食品衛生責任者が有名です。(講習1日受ければ取れるんですけどね!)

公的資格も勝手に名乗るのはNGになります。

民間資格

民間団体や企業が試験を行なって認定する資格のことです。法律の規定などがないため、特に共通するルールはありません。

一時期、すごく人気の出た野菜ソムリエなども民間資格です。

最近では食生活アドバイザー、薬膳コーディネーターなどの資格も人気がありますね。

 

民間資格だったら勝手に名乗っても良い!?

基本的に商標登録されているもの以外は、法的には自由です。(商標登録はこちらから調べることができます。)

ただし、業界で有名な資格になるほど、勝手に名乗ると協会から諸注意をうけたり、後々トラブルになることもありうるので、あまりお勧めはしません><

ちなみに「料理研究家」であれば100%勝手に名乗って大丈夫です。

 

国家資格の方が価値が高くてスゴい!というわけではない

比較してみると、国家資格の方が価値が高そうに思えますが、必ずしもそうとは限りません。

私は栄養士は持っているので肩書きに書いてますが、栄養関係の国家資格には「管理栄養士」というさらに上の資格があるので、大して売りにはなっていないと思います。

ですが今後も、管理栄養士の資格取得を目指す予定はありません。

大事なのは、スキルを身につけ、学んだ内容をどう活かすかで、資格がゴールではないのです。

 

まとめ

民間の資格は受講するのも楽しいので、あれもこれも受けたくなりますが(過去の私です笑)、

まずは自分が将来何をしていきたいか、そのために何を学びたいかを考えるといいですよ。

もし何をしたらいいか、何が自分に向いてるか分からないという場合は、お気軽にお問い合わせからご質問下さい♪

 

 

***********************

わたしは今は自分のやりたいこと、好きなことを仕事にできていますが、元は普通の事務OLでした。

土日だけを楽しみに働くというスタイルで、月曜日はいつも憂鬱…。
毎日ストレスを抱えており、仕事もパッとしなければ、プライベートも上手くいっていませんでした。

でも自分と向き合い、やりたいことを叶えていくために行動していったおかげで、
今では好きなことを仕事にし、理想としていたライフスタイルを実現することもできています。

ここまでの経緯について、宜しければプロフィールをご覧ください。

梅原けいの詳しいプロフィールを見る