【副業からスタート】本業しながら個人でオリジナルブランドを作った話【メリットデメリット】

こんにちは、梅原けいです。

ここ最近、将来自分のブランドを作って販売したい!という方からのご質問を多く受けています。

自分でオリジナルブランドを作るというと、かなりハードル高く感じますが、

やり方さえ工夫すれば、個人でブランドを立ち上げることは可能です。

 

私は本業で料理の仕事をしていましたが、

副業としてエプロンブランド(アパレル)を作って、ネットショップで販売していました。

立ち上げは大変なこともありましたが、副収入にもなったし、

ブランドのオーナーとしてインタビューを受けることもあり、自分自身のブランディングにもなったと思います。

 

本業をしながらだと、時間が限られることもありますが、

少しづつ進めていけばブランド立ち上げは難しいことではありません!

 

また、一度仕組みを作ってしまえば、あとは商品が売れたら発送するだけなので、そこまで労力はかからないです。

 

というわけで今回は、副業でブランド立ち上げ(からのネットショップで販売)する上での

メリット、デメリットについてお伝えしていきます!

 

■副業でオリジナルブランドを作るメリット

・副収入になる

自分の商品が売れれば、利益は自分のものです。

実店舗ではなく、ネット上にお店を持つ形にすれば、パソコン1台で管理ができるので、

本業をしながらでも隙間時間などで対応が可能です。

 

・自分のブランディングになる

既存の商品を販売して(いわゆる転売など)ネットショップを運営している方は多くいますが、

自分のオリジナル商品を販売している人はそう多くはいません。

独自のブランドを作ることで、ブランドオーナーとしての肩書きを持つことができるので、

自分自身のブランディングにもなります。

 

・商品を製造〜販売するための知識&スキルが身につく

商品が作られて、お店で売られて、お客様の手に渡るまで。

この一連の流れを、すべて実体験として把握することができたのは、

本当に貴重な経験になりましたし、今後のビジネスにも色々活かせると思いました!

自分で経験してみて初めて気づくこと、身につくことって必ずあるので、やってみたのは良かったです。

 

■副業でオリジナルブランドを作るデメリット

・立ち上げまでが大変

本業をしながらだと、なかなかまとまった時間が取れないです。

特に立ち上げまでは、やることがかなり多いので、必ずやるべきことはリスト化して、優先順位つけてやるようにしました。

全体の流れを知っておくと、今どこまで進んでいて何をやるべきなのかがわかるので、まずは流れを抑えるのが良いと思います!(※参考↓)

【初めて編】自分で作れる!ブランドの立ち上げ方【完成までの流れを簡単に説明】

 

・初期費用がかかる

ブランドを立ち上げるには、商品やお店を作るための経費がかかります。

ただ、やり方によっては費用をかなり抑えることも可能です。

私がオリジナルブランド立ち上げにかかった費用については下記で公開しているので、参考にしてみてください!

【費用公開】個人がお金をかけずにオリジナルブランドを作るには【ブランド立ち上げ】

・在庫を抱える可能性

せっかく商品をたくさん作っても、それが売れなければ、在庫を抱えてしまいます。

個人でオリジナルブランドを作るなら、なるべく小ロットから作って、大量に在庫を抱えないようにした方がリスクが少ないです。

また、流行に左右されにくい商品の方が、安定的に売れやすいです。

 

■まとめ:副業で始めるなら小さく始めて大きく育てよう!

小さく始めれば、たとえ失敗したとしても、大きな損失にならないですし、うまくいけば

ブランドを大きく成長させることも可能です。

もし副業からのスタートを検討しているなら、

まずは小さく低リスクで、今からやってみてはいかがでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です