【費用公開】個人がお金をかけずにオリジナルブランドを作るには【ブランド立ち上げ】

こんにちは、梅原けいです。

私は以前、自分でオリジナル商品を作ってネットで販売したいと思いたち、

知識ゼロ、コネ無し、資金ほぼ無しの状態からオリジナルブランドを立ち上げたことがあります。

その方法について以前、流れをブログでまとめたところ、かなり反響があり、色々とご質問を受けることも多くなってきました。

※ちなみにこちらの記事です↓

【初めて編】自分で作れる!ブランドの立ち上げ方【完成までの流れを簡単に説明】

 

中でも特に多く質問をいただくのが費用についてです。

個人でオリジナルブランドを作るにはどれくらいの資金が必要なのか。

あまり資金がない場合はどうすればいいか、など。

大企業などが新ブランドを立ち上げる場合は、たくさんの人が携わり、かなりの予算をかけて作っていますが、

個人でそこまで資金がない場合、同じ方法では難しいと思います。

 

私の場合、その頃は留学帰りでほとんど資金がなかったので、

少ない予算の中でどのようにしてオリジナルブランドを立ち上げるか考えて作ってきました。

 

今回はブランド立ち上げにかかった費用と、

少ない資金で個人がブランドを立ち上げる方法について解説します!

 

■オリジナルブランド立ち上げの初期費用の合計と内訳

ざっと計算してみたところ、トータルで約15万円でした!

内訳は以下の通りです。

  • 商標登録:約5万円
  • ロゴ作成:0円
  • サンプル品作成(1点):約2万円
  • 生地(原材料)の仕入:約2万円
  • 商品の制作(20点):約4万円
  • 洗濯タグとネームタグ(200枚くらい):約5千円
  • 包材の購入(ラッピングなど):約5千円
  • ネットショップの構築:0円
  • 商品写真撮影:約1万円

 

ただ、商標登録に5万円かかってますが、必須ではないので著作権などを気にしない方は無くしてOKです。

ロゴ作成 、ネットショップの作成は通常かなり費用がかかりますが、それらがBASEを使って0円だったのは大きいです!

サンプル代や商品の制作代は、どんなものを商品として作るのかによって全く違ってくるので、

あくまで、私が作ったエプロンブランドのケースとして参考にしてください。

 

もしかすると、今はまとまったお金は用意できないから無理だな…。

そんな風に思った方もいるかもしれませんが、

これらの初期費用は一度に必要になる訳ではありません。

 

私は本業しながらエプロンブランドを作るのに約3ヶ月かかっているので、費用として出ていった分は、月に数万円程度です。

もし実業でお店を作るとなったら、桁違いの費用がかかるという中、

自分のお店を持つことができ、ブランドオーナーという肩書きも手に入れ、

「好き」をカタチにして第二の収入を得られる場を持つことができるわけなので、

決して高い出費ではないと思います!

 

■少ない資金で個人がブランドを立ち上げるコツ

・無料のECサイト(ネットショップ)作成ツールを使う

有料のECサイト作成ツールは機能が充実していて、使いやすいことはもちろんなのですが、

これらは後からでも作成できるので、初期の段階では無料ツールでも良いと思います。

とういうのも、最近の無料ネットショップ作成ツールは、無料とは思えないほど機能が充実していて使いやすいです。

有名なのは、STORESBASEです。ちなみに私はBASEを使っています。

実際にBASEを使ってみての感想は、下記記事にまとめました!↓

【個人でブランド立ち上げ】BASEでネットショップを作って販売してみた【感想】

 

・ロゴは無料で作れる

ブランドのロゴ作成は、通常デザイナーさんに頼むとだいたい5万〜20万円くらいすると思います。

もしそこまでこだわらなくても良いのであれば、無料でロゴを作れるツールがあるのでまずはそれで作って始めても良いと思います。

ちなみに無料でおしゃれなブランドロゴを作る方法は以前、記事にまとめたので参考にしてください!

【最初にやること】ブランドネームとコンセプトを決める【個人でブランド立ち上げ】

 

正直そこまで費用をかけたくないけど、ロゴはデザイナーさんにお願いしたいな・・・

という場合は、ココナラなどのサービスを使うのが良いかと思います。

「ロゴ作成」で検索すると、安くデザインを引き受けてくれるWEBデザイナーさんが結構たくさんいるので、見てみてください。

 

・サンプル代はケチらない方がいい!

商品を作る上で一番大事なのはサンプル品の作成です。

ここをケチってしまうと良い商品ができないですし、あとあと修正となると余計に費用がかかります。

納得できるサンプルができるように、この箇所の予算はとって置くべきだと思います。

ちなみにサンプル品の作り方については下記の記事にまとめてます!

【個人でブランドの立ち上げ】オリジナル商品のデザイン&サンプル品の作り方【アパレル編】

 

・丁寧に交渉してみる

商品の制作代(加工賃)は、ロット数や商品の作りによって異なりますが、一概に値段が決まっているわけではないので、工場や職人さんと交渉が可能です。

ただ、最初から値引きを求めたり、あまりにも安い金額を掲示するのは嫌がられるのでやめましょう。

まずは相手が掲示する費用を聞いて、そこから条件などを出して、値引きができそうだったら交渉しても良いと思います。

 

■まとめ:削れるところとお金をかけた方がいいところを見極めよう

ネットショップの構築やロゴは無料でも良いと思いますが、商品作りにはそれなりに費用をかけた方が良いと思います。

結局、良い商品を作らなければ売れないからです。

また、ブランドの立ち上げは個人で行おうとすると、やることがたくさんありすぎて、手が回らなくなることもあります。

一番大事なのはきちんとブランドを完成させることなので、

自分一人でできないところは多少お金がかかっても人に頼った方が良いこともあります。

例えば、ネットショップの販売用の文章は、私は一部ココナラのライターさんに書いてもらいましたが、かなり助かりました!

全部自分でやろうとして潰れてしまうくらいなら、最初は初期投資と割り切って、多少の予算は目をつむりましょう。

お金をかけるところ、かけないところ総合的に判断しながら進めていけると良いと思います!

 

■期間限定でブランド立ち上げの全ノウハウ公開してます!

20代の後半。知識も、経験も、コネも、資金も、何も持っていなかった私ですが、

そこからエプロンブランドを立ち上げて軌道にのせるまでの

実体験をもとにしたノウハウを、期間限定でnoteで公開しています!

ブログには書ききれないことを載せていますので、

ちらっとでも立ち読みしていただけたら嬉しいです!!

※途中まで無料で読めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です