料理を美味しそうに撮るためのポイント【料理写真】

こんにちは!梅原けいです。

美味しい料理ができた♪と思って、ブログやインスタにアップしようとしても、

見た目がいまいちだったり、写真もパッとしないと、

せっかくの料理も美味しそうに見えなくて、残念ですよね。

写真が綺麗なだけでプロっぽく見えますし、ほんとに写真って重要です…!

今回は料理写真を美味しそうに撮る方法についてご紹介します。

 

料理写真を美味しそうに撮るコツ3つ

1.光が一番大事

料理写真で一番大事なのは、光です!

プロのカメラマンさんはライティングの専用機材を持ってますが、

機材がなくても、「自然光」で撮れば、料理写真は綺麗に撮れます。

試しに同じ被写体を、異なる光で撮ってみます。

 

蛍光灯で撮った場合↓

 

自然光で撮った場合↓

 

自然光の方がナチュラルで美味しそうに見えませんか?

自然光で撮る際は、窓際の斜めからの逆光がおすすめです。

直射日光の時はレースのカーテンを使って光を柔らかくすると良いです。

また、光が強くて影ができてしまう場合はレフ板(白の画用紙などでもOK)を使います。

 

2.主役を決める

その料理の主役は何ですか?どんな料理にも強調したい部分があるはずなので、

そこにピントを合わせて撮影しましょう。

写真を撮る前に、お皿を回してみたりして、

その料理が一番美味しそうに見える面や高さを見つけ、そこにカメラを構えると上手くいきます。

 

3.シズル感を意識

シズル感とは、食欲や購買意欲を刺激するような

食品の活きの良さや瑞々しさと言った「美味しそうな感じ」のこと。

温度がわかるような湯気や水滴の演出、ツヤ感などもシズル感です。

例えば、このポークソテーの写真。

ツヤ感があるので、なんとなく出来立てで美味しそうに見えますが、

時間が経ってツヤがなくなり、パサついてたら美味しそうに見えません。。

 

美味しそうに見せるためには、「出来立てっぽさ」が大事なので、

撮影で時間がたってツヤがなくなってしまったら、

被写体に油やみりんを塗ってツヤを補ったりします。

 

ちなみに私が使っているカメラやレンズなどは、こちらでご紹介しています♪

料理写真に向いてるカメラは?使ってるカメラとレンズを公開

 

料理写真を撮る際に、参考にしてみてくださいね!

 

 

 

******************************

わたしは今では自分のやりたいこと、好きな『食』に関することを仕事にできていますが、
元は普通の事務OLでした。

これまでの経緯についてシェアしているので、
宜しければプロフィールをご覧ください^^

梅原けいの詳しいプロフィールを見る