料理のレシピを書くときに注意すること【レシピの書き方】

こんにちは!梅原けいです。

作り慣れていない料理を作る時、味を再現したい時、レシピって便利ですよね。

私はレシピ本を見るのが好きで、本から参考にすることが多いですが、

最近は、WEB上でもたくさんのレシピが掲載されているので、WEBから参考になるレシピも気軽に見つけられるかと思います。

でも正直、レシピって分かりやすいものと、分かりにくいものがあると思いませんか?

レシピの書き方に絶対的な正解はありませんが、

分かりやすく伝わるレシピを書きたいなら、ここは注意したい!という点についてお伝えします。

 

材料を書く順番を意識

 

材料の順番は、主材料→副材料→調味料・トッピングが一般的です。

例えば、「たまごサンド」を作るとしたら、下記のようなイメージです。

材料 (2人分)

卵…2個
サンドイッチ用食パン…4枚
きゅうり…1本
マヨネーズ…大さじ2
こしょう…少々
パセリ…適量

最初にメインとなる主材料の「卵」「サンドイッチ用食パン」を書き、

次に副材料となる「きゅうり」。「マヨネーズ」や「こしょう」などの調味料。

トッピングの「パセリ」は後半に書きます!

 

作り方は、料理のその時点の状態を書く

例えば、パンの生地をこねる場合、「15分こねる」よりも

「表面がなめらかになるまで、約15分こねる」と書いた方が、失敗が少なくなります。

というのも、パンのこね具合は人によって力加減が異なるので、

時間だけ測っても、人によって状態にバラつきが出てしまいます。

 

他にも「牛肉を炒める」と書くよりは、

「牛肉の色が変わるまで炒める」と状態を書いてあげた方が親切です。

 

紛らわしい表現に気をつける

塩やこしょうなどで使われること多いのが、少々や、ひとつまみという表現。

下記のように分量がけっこう違ってくるので、書く際は注意しましょう!

「少々」…親指と人差し指の先でつまむくらい。約小さじ1/8。

「ひとつまみ」…親指、人差し指、中指の3本の先でつまむくらい。約小さじ1/5。

 

表記を統一する

下記の材料、どこか変だと思いませんか?

りんご…1個
バナナ…一本
牛乳…100ml
ヨーグルト…50cc

りんごの数字が「1」なのに対し、バナナは、漢数字で「一」になっています。

この場合は「1」で統一するのが好ましいですよね。

漢数字はレシピであまり使いませんが、

たまたま変換された時に漢数字が出て、そのままにしてしまった!ということもあるので注意が必要です。

 

また、牛乳が「ml」表記なのに対し、ヨーグルトは「cc」の表記になっています。

「ml」か「cc」はどちらでも良いのですが、同レシピ内での表記は統一しましょう!

 

まとめ

自分で確認するだけのレシピなら良いですが、

他の人に公開するレシピの場合は、見やすく分かりやすく、ミスのないレシピを心掛けたいですね。

自分でレシピを書く際には、ぜひ意識してみてくださいね♪

 

***********************

わたしは今は自分のやりたいこと、好きなことを仕事にできていますが、元は普通の事務OLでした。

土日だけを楽しみに働くというスタイルで、月曜日はいつも憂鬱…。
毎日ストレスを抱えており、仕事もパッとしなければ、プライベートも上手くいっていませんでした。

でも自分と向き合い、やりたいことを叶えていくために行動していったおかげで、
今では好きなことを仕事にし、理想としていたライフスタイルを実現することもできています。

ここまでの経緯について、宜しければプロフィールをご覧ください。

梅原けいの詳しいプロフィールを見る