未経験でも誰でも出来る!はじめてのお試し料理教室の開き方

こんにちは!梅原けいです。

料理が好きで、自分でも教室を開いてみたい!という場合、最初は何からしていいか、分からないですよね。

でも、将来やってみたいけど、まだ自分には…。と思っている場合は、まず一度お試しでやってみることをお勧めします!

というのも、料理教室を開くには特に資格は必要なく、レンタルスペースなどを活用すれば、誰でもすぐにできるので、資金面でもほとんどリスクがないのです。

一度やってみると、自分には向いてるのか向いてないのかも分かりますし、料理教室を開催した!という実績にもなります♪

私は普段、料理教室をメインではやっていませんが、単発イベント的に何度か開催しています。

来てくださった方との交流ができてとても楽しいですし、教える立場として自分も成長できます^^

今回は、はじめての方にも分かりやすく6ステップで、料理教室の開き方をまとめてみました。

 

はじめてのお試し料理教室の開き方6ステップ

 

STEP1:日時・場所を決める

初めての場合、2ヶ月前(遅くても1ヶ月半前)くらいから日程を決めておくと安心です。

いつまでに何をするか?を計画しましょう。

特に、本業で別の仕事していたり、家事や育児を行っていたりすると、意外と時間はあっという間に過ぎてしまいます。

場所は自宅で行っても良いですが、おすすめはレンタルキッチンです。

調理器具も揃っていますし、自宅住所を公開しなくて済むので、プライバシーも守られます。

「レンタルキッチン 場所」で検索すると、お洒落なスペースがたくさん出てきますよ♪

レンタルキッチン以外にも、自治体の公民館などの調理室を借りるという手もあります。公共施設は、場所代が格段に安いので、空間にこだわりはないから費用を抑えたい!という場合におすすめです。

STEP2:メニュー、レッスン料を決める

何を作るかを決めましょう。洋食、中華、和食、マクロビ、時短料理、パン作り、お菓子教室など、自分の最も得意な分野に設定します。

レッスン料は、最初は実績を積むためと思って、あまり高く設定しすぎない方が良いです。

料理の腕に相当な自信がある、高級食材を使っている、開催場所が一流ホテルなど、特に理由がない場合は、だいたい5000円以下で設定します。

STEP3:生徒さんを集める 

初めての場合は、友達に来てもらうのが一番です。多少、参加費を安くするなどして来てもらい、後から感想もらうようにしましょう。

そのほかにも、SNSやブログで告知したり、興味のありそう方にメッセージを送ったりして集客してみましょう。

STEP4:レシピを作る

料理教室で作るメニューのレシピを作ります。

必ず試作をして、分量はこれでOKか、作り方は分かりやすいか、味は整っているかなどを確認します。

完成したら、当日の配布用に印刷しておきます。

STEP5:シュミレーションする

開催日が近づいてきたら、シュミレーションしてみましょう。

開催場所に調理器具は揃っているか、材料と作り方は間違っていないかも改めてチェックします。

余裕があれば、当日かける音楽なども考えておくと、自分らしい空間演出ができますよ♪

STEP6:材料の買い出し&最終チェック(前日~当日)

使用する材料の買い出しをします。買い忘れがないように、あらかじめメモを作っておくと良いです。

終わったら最終チェックをして、本番に臨みましょう!

 

まとめ

自宅サロンを開いたり、場所を借りて本格的な料理教室を開くのはハードルが高いですが、場所を借りてお試しでやるなら、すぐに始められます。

実際にやってみないと分からないことって、たくさんあるので、

料理教室を検討している方は、是非お試しからスタートしてみてはいかがでしょうか♪

 

 

***********************

わたしは今は自分のやりたいこと、好きなことを仕事にできていますが、元は普通の事務OLでした。

土日だけを楽しみに働くというスタイルで、月曜日はいつも憂鬱…。
毎日ストレスを抱えており、仕事もパッとしなければ、プライベートも上手くいっていませんでした。

でも自分と向き合い、やりたいことを叶えていくために行動していったおかげで、
今では好きなことを仕事にし、理想としていたライフスタイルを実現することもできています。

ここまでの経緯について、宜しければプロフィールをご覧ください。

梅原けいの詳しいプロフィールを見る