【妊婦日記】妊娠中期に出血して海外で救急にかかり、帰国した話【1】

こんにちは!梅原けいです。

タイトルの通り、本日は妊娠中に実際に起こった

冷や汗が出そうなお話です。

今現在は順調なので、冷静に振り返ることができますが、

当時はびっくりして不安MAXでオロオロしてました。

それは日曜日のことでした。

朝起きてトイレに行ったら、出血が…。

妊娠初期の出血とは違い、中期の出血は要注意!という情報を知っていたので

やばい、どうしようと思いました。

旦那にも相談して、セブ市内の病院で救急外来に行くことに…!

セブ島で評判の病院に救急外来

私が行ったのは、セブ市内のマンダウエ地区にある

チョンワホスピタルという総合病院です。

 

セブ市内で日本人がよく利用する病院としては、

セブドクターズホスピタルか、チョンワホスピタルが有名です。

私は口コミなどを見て、妊婦健診に行く時はチョンワホスピタルにしよう!

と決めていたので、こちらを選びました。

 

ちなみに、妊娠に関わる外来では適用されないのですが、

チョンワホスピタルには「ジャパニーズヘルプデスク」というものがあり、

こちらに電話すると、日本語で対応・案内してくれます。(Tel 032-318-6057 ※フィリピン国内から)

 

私はあまり英語が流暢ではないので、ダメかな?と思いつつ最初に電話してみました。

やはり、妊娠に関わる外来は保険適用外になるので

こちらでは案内ができないと言われてしまいましたが、

チョンワホスピタルまでの行き方や、休日に行っても大丈夫かどうかなど、

アドバイスをくれました!

 

その後、チョンワホスピタルの救急外来に直接電話しましたが、忙しいのか何なのか

コールはなっているのに、全く電話に出てくれず。。

 

行ってダメだったら別の病院にしようと思って、予約などせず

旦那と一緒にタクシーで直接病院に行きました。

(着いてみたら全然混んでなくて、サクッと受診できた!)

 

フィリピン人の先生はポジティブ!

病院に着いて、登場したのはアリアナ・グランデ似の若い先生。

診察してもらったところ、「心音確認できるし、子宮口も開いてないからダイジョーブ!」とのこと。

とりあえず、ホッ。

 

念のため血液検査もしましたが、結果は翌日になるとのこと。

 

「エコー検査も今日は休日でやってないから、明日また来て!」と

明るくポジティブに言われ、また次の日に行くことに。

 

日本ではまだ許可されていない薬を処方される

その日「PROGESTERONE(プロゲステロン)」という薬を出されたんですが、これが調べてみるとまだ日本では一般的ではない薬らしい…。

一瞬大丈夫かな?と思いましたが、よくよく調べると、

アメリカやヨーロッパでは流産予防の薬として使われていて、

日本でもこの薬を導入しようという動きが出ているらしいです。(※2018年時点)

ちなみに飲み薬ではなく、経腟タイプの錠剤です。(これ↓)

 

海外で処方される薬は、必ずしも日本人の身体に合うとは限らないので、

まずは自分で調べてから使用するのがベストかと思います。

 

しかもこの薬、病院併設の薬局に置いてなくて、

処方箋を手に、セブ市内のドラッグストア5店舗くらい探してやっと手に入った!

(フィリピンは日本のように細かな管理が行き届いていないので、在庫切れとかよくあります)

 

とりあえずこの時点で、赤ちゃんが元気で安心したのですが、

次の日病院へ行って、唖然。。。

 

長くなったので、続きは次のページでまとめます!

大丈夫だと思ってたのにショック【妊婦日記】妊娠中期に出血して海外で救急外来にかかり、帰国した話・2