はじめて料理教室を開催するときに絶対に忘れてはいけないこと

こんにちは、梅原けいです。

今回は、私がはじめて料理教室を開催した時のこと、

そして、あとから絶対やっとけば良かった!!・・・と後悔したことについてシェアしたいと思います。

 

■週末に初めての料理教室を開催

最初に料理教室をやったのは、OLとして会社勤めしてた頃、週末の初めて料理教室を開催

週末を利用して、料理教室を開催しました。

初めてで、右も左もわからなかったので、2ヶ月ほど前から準備し、

主にFacebookを使って集客をして、友人とSNSから興味を持ってくれた

約10名の方に参加いただきました。

 

最初はドキドキしていましたが、なんとか会は順調に進み、

来ていただいた方も満足してくれたようで、

あとからお礼のメッセージなどもいただくことができました。

 

終わった直後は、

「無事に終わってよかった〜〜〜〜!」

という思いと、

「これでまた一つ実績ができた!」

と充実感でいっぱいでした。

 

■あとから後悔したこと

終わった直後は達成感しかなかったのですが、

あとから、あることを忘れていたことに気がつくのです。

それは




アンケート!!!!

 

そういえば、ビジネス全般に詳しい方から

教室をやるときはアンケートをとるといいよ!と言われていたのですが、

そのときは、そこまで重要なことだと思ってなく、

他にも準備することがいっぱいで、結局アンケートを作れていなかったのです。

 

■アンケートがどれだけ重要か気がつく

その後、月日が経ち、きちんと教室の立ち上げについて学んでから、

アンケートがどれだけ重要なものか気が付きました。

 

アンケートでお客様の声を集めることは、

素敵な教室を開催したという証拠になりますし、

 

2回目以降に、教室を行う際も

「前回参加されたのお客様の声」

という形で掲示すれば、集客がずっと楽になります。

 

例えばネット通販などで、商品を購入する際、

レビューを見て、評価が高いものを買った経験はないでしょうか?

どんな商品でも(料理教室でも)自分で良さを宣伝するよりも、

第三者から良さを伝えてもらった方が、魅力は伝わります。

 

なので、たくさんの人に自分の教室の良さを伝えるためには

「お客様の声」を集めるのに、アンケートを使った方が良いです。

 

ただし、ポジティブな意見に限りますので、

アンケートには、今日の教室で学んだこと・よかったことなど、良いコメントが期待できる仕様にしておきましょう。

 

まあ、よっぽど有名な人(著書を何冊も持っている、芸能人など)は有名になるだけの信頼があるので、いらないかもしれませんが、

私も含め普通の方は、集客に苦労するので、使える手段は覚えておくと良いと思います!

 

ちなみに、はじめてのお試し料理教室の開き方については、ホワイトボードを使って、youtubeで解説しています。

ご興味ある方はぜひ見てみてください♪

 

■個人で料理の仕事を始める方法を無料メール講座で公開してます

私は元々、普通の事務OLでしたが、好きな『食』に関する仕事で起業し、今は海外でフリーで活動しています!(梅原けいの詳しいプロフィールはこちら

なぜ独立してやっていけるようになったのか、どうやって食の仕事を始めたのかなど、メール講座(無料)にて詳しくお伝えしています。

「食に関わる仕事の適性診断シート」のほか、

レシピが正しく書けるようになるレシピの書き方解説動画&レシピ作成テンプレートなども期間限定でプレゼントしているので、

宜しければぜひ下記から受け取ってください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です