料理動画の撮影裏側【フードコーディネーターのお仕事】

こんにちは、梅原けいです。

数年前から料理動画が一気に流行り、身近になってきましたね。

確かに、レシピを見るよりも、動画で説明してくれた方が分かりやすいし、自分にも作れそう!という気になります。

今回はそんな料理動画がどうやってできているか、

私のやり方ではありますが、撮影までの裏側を簡単にお伝えしたいと思います。

 

撮影前までにやること

1、メニューを決める【企画】

まずはどんなメニューを撮影するか、クライアントさんと打ち合わせしながら決定します。

料理動画のメニューを選定する上で一番大事なのは、ズバリ「再生回数」です。

そのために、いかに拡散されるようなメニューが作れるかどうか。動画メディアのターゲットと、ニーズを考えながらメニューを決定します。

2、レシピを作る

作る料理のメニューが決まったら、レシピを作成します。

手際よく、効率的に作れるような手順にするのが好ましいです。

3、試作する

撮影本番前に必ず試作をして、テストします。
実際にやってみて、レシピの手順を改善したり、味見をして変更が必要な箇所は、分量などを修正します。

また、試作した段階で使う器やスタイリングのイメージも決めておくと、当日の撮影がスムーズです。

 

撮影当日

1、材料、食器準備

撮影現場にもよりますが、最近は食材などはネットスーパーで購入することが多いです。

食器やクロスは、現場にあまりない場合、私物を持ち込んだり、事前にリースショップで借りたものを持っていきます。

2、レシピ通りに撮影していく

撮影は、カメラマンさんと共同作業で進めていくイメージです。

カメラマンさんが映りを確認しながら、料理のシーンごとに撮影していきます。

3、仕上げのカット、スタイリング

1つのレシピにつき、一通りの手順が撮り終えたら、最後にアイキャッチ用の動画を撮影します。

その料理の第一印象になるので、最後のカットはとても重要!

シズル感が出るように演出したり、美味しそうに見えるスタイリングなどを施して、料理が見栄えするようにします。

4、あと片付け

全ての撮影が終わったら後片付け!

「最初よりも綺麗な状態になるように」を心掛けて、片付けましょうー。

ぶっちゃけ私は、私生活では片付け苦手な方なのですが、撮影現場では仕事の一部と思って取り組んでいます。

 

まとめ

料理動画ができるまでの裏側を、簡単にお伝えしました。

内容について、もっと詳しく知りたい方は是非フォームからご質問くださいね♪

 

 

***********************

わたしは今は自分のやりたいこと、好きなことを仕事にできていますが、元は普通の事務OLでした。

土日だけを楽しみに働くというスタイルで、月曜日はいつも憂鬱…。
毎日ストレスを抱えており、仕事もパッとしなければ、プライベートも上手くいっていませんでした。

でも自分と向き合い、やりたいことを叶えていくために行動していったおかげで、
今では好きなことを仕事にし、理想としていたライフスタイルを実現することもできています。

ここまでの経緯について、宜しければプロフィールをご覧ください。

梅原けいの詳しいプロフィールを見る